まにあってよかった

RECOMMEND | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS
#スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.08.27 Wednesday ... - / -
#久しぶりの更新です。
文学極道7月の選考がやっと終わりました。いつも遅くなってしまい、他のスタッフの方に迷惑をかけてしまい、申し訳なく思っています。今に始まったことではありませんが、詩を読んで評価するというのは、とても難しいことですね。良い詩とは何か? 
ずいぶん前ですが、文学極道の「コラム」に載せて頂いた僕の文章の中に、「良い詩を読むと心が痛いと感じる」と書いてあります。その気持ちは今でも変わらずあるのですが、今日、そんな詩に出会ったので紹介します。はんなさんの「詩織」というブログで紹介されていた、そらしといろさんの「大学四年生」という詩です。→
http://hannah5.exblog.jp/22319811/

昨夜、母が私の茶碗を欠いたので」という些細なことをきっかけにして衝き動かされる、女子学生の心情が描かれていきます。一見、不安定でナイーブな雰囲気を醸しながら、僕は、この詩からはある種の逞しさを感じてしまいます。「大学」と書かずに「女子大学」と書き、「あなた」と書かずに「貴女」と書く、このような「女」という字の確信犯的な使い方は、警戒しなければなりません。つまり作者は、「てめーら、”逸脱する女子大生の危うく揺れるニチジョー感覚”なんてつまんないな感想なんぞ死んでもほざくんじゃねーぞ」とやんわり釘を刺しているいるわけです。こうして、「女」を強調するフリをしつつ廃棄してしまうことで、この詩は、「女性が書いた詩」という領域からフワリと浮遊しているように感じるのです。たとえば太宰治の『女生徒』は「男から見た女」の見事な典型ですが、「茶碗の縁に口を付けたくなったので、」というよくわからない理由で卵かけご飯をエネルギッシュに作り始めるこの詩の人物は、もはや何かの典型という枠には収まりきらず、なんだか奇妙な人間が生きている、でも、なんか解る、という「あるある感」と共に、私たちの前に存在します。それを共感と呼んでいいのか、発見と読んでいいのか、なんとも不思議な気持ちなのですが、「心が痛い」と僕が感じるのは、食卓に用意された一人分の冷めた朝食、というありふれた風景を見事に変容させていく展開に、想像を超える意外さがあるからだと思います。
2014.08.23 Saturday ... comments(2) / -
#月の跡
「朝」という字の月の彎曲に
僕は腰掛けている
朝になれば月は消えて
その先のことはわからない

味ノ無イ、がむヲ噛ンデルヨーナ、人生ナノ
ランドセルをしょった姪っ子が口を尖らす
学習院型の赤い筐体の奥には
僕の苦い忘れ物が入っている

「森」という字を書き集め
樹海という寝床を作る
枕の無い 真っ暗な夜が来る
遠くのキッチンで鍋蓋が割れる

コンセントまであと五センチ
そんな時 誰だって延長コードを夢見る
人よりも明るい 電気が恋しい
土砂降りの午後 ヤマダ電機へ走る

「髪」という字は窮屈なので
バッサリと切ってやった
床に落ちた僕の髪は
「髪」という字に似ていた

 
2014.01.04 Saturday ... comments(0) / -
#秋
少しずつ書いていきたい、秋。
2013.09.29 Sunday ... comments(0) / -
#夏
 暑いですね。
2013.07.08 Monday ... comments(1) / -
#ガス
ながい余生を送っているなあと思っていたら
まもなく生まれ変わりそうで 不安
フアン という言葉の ガス 
のような軽さ
軽いとえばカミさんの おっぱい
ひどく軽かったよ 今朝は
東京ガスは 不安 の インフラ 整えて
これは有望な代替エネルギーです 
ときどきは漏れたり臭ったりして
見えないから怖いっていうけど ガス
臭うだけましだよ ほら
俺の体も臭うもん
よかった ほーら
今日もいいことがある










2012.11.17 Saturday ... comments(0) / -
#かまきり


かまきり が袖を引く
貧弱な鎌をカフスに突き立て
出勤する私を引き留める
そんな鎌じゃ 草も刈れまい
まして人間なんて 狩るもんじゃあ ないよ
生地がいたむから 
その鎌 どけておくれ

かまきりを振り払って
それっきり かまきりのことなんか
忘れてしまった 
かまきりは 私の鞄にしがみついて
改札を通過していた
黒い鞄に 緑のかまきり
色合いが瞳に涼しいので
携帯で撮影して送信する
「!件名を入力してください。」
件名「かまきり」



駅のホームで 白い錠剤を飲む
二錠 毎朝欠かさず飲んでいる 
毎日のことなので 何に効く薬なのか忘れた
かまきりに一錠飲ませようと思ったが
かまきりの頭より錠剤のほうがよほど大きい
こんな大きな錠剤を飲んでいたのかと
急に頭が痛くなってきたので
いそいでもう一錠飲んだ


昼休み
かまきりがキーボードの上に這い出してきた
かまきりの体重では キーは少しも沈まない
自慢の鎌をもってしても 
kamakiri のkも打てない
これじゃ OLはできそうもない
かまきりに向いている職業はなんだろう
昼休みのあいだずっと
かまきりの就職について考えてみた
「無職」では世間体が悪い
「害虫駆除」の看板が出せるほどは虫を喰えない
しかし社会は 書類の空欄をいちばん嫌うのだ

職業「かまきり」


それ、カマキリ、ですよね
事務の若山さんが 
かまきりを指さして言う
ゆび の先端には銀色の尖ったネイルチップがギラリと光る
そう、かまきりですね。僕のじゃないですけど。
さて 若山さんの指と かまきりの鎌は
どっちが強いのだろう
若山さんの爪は取り替え可能だから
長期戦ではカマキリの分が悪い
カマキリに勝機があるとすれば
最初の一撃で若山さんの爪を剥ぎ
彼女の戦意を喪失させることだ
あとは若山さんを羽交い絞めにして
頭から貪り食う


キモチ悪いから、捨てません?
若山さんが かまきりを指さして言う
俺が捨ててやるよ、と
田村課長が 得意そうに かまきりをひょいと摘む
カマキリって、飛べるんだっけ? と言いながら
田村課長は窓を開け 
かまきりを ポイと放り投げる

地上42階の窓から 新宿の空に向かって






2012.09.16 Sunday ... comments(0) / -
#棲家
もりをみてきをみず、ということもあるだろう。全体ばかり見て些事を見落としては、暮らしの中で困ることも多いのではないか。例えばいま私が迷っているこの路地は、おそらく去年の春に建売分譲された住宅地の一角だろう。同じ形の住宅が整然と並んで、住人達は、自分の住宅をどうやって判別しているのか不思議なくらいだが、それはヨソモノのとりこし苦労というもの、森といっても一本一本の木が違うように、家も同じように見えて同じではない。家を建物として見ている私にはどれも同じに見えるが、それを棲家と見る人には、帰るべき玄関を間違えるようなことはないのだろう。
2012.07.03 Tuesday ... comments(0) / -
#傘の用途
七月の青い雨を
傘で弾きながら歩けば
秒針に埋もれた人の腕が
僕の足首を掴んでいる

これだけの秒針をリアルに
集めるとしたら時計が
いったい幾つ必要だろうか
長針と短針の集積地も
どこかにあるのだろう

やはり
最も鋭利な秒針に溺れる彼が
有り余る痛みを分かち合おうと
僕の足首を狙うのか

傘を閉じて 濡れながら
足首を掴む腕を突き刺す
傘の先端で
彼を突き刺す

聞こえるべき悲鳴が
聞こえない
突き刺して
耳を澄ましても
耳を塞いでも
聞きたい悲鳴は
聞こえない

傘が
活躍する季節です




2012.07.02 Monday ... comments(0) / -
#ハナマル
木の肌に聴診器を当てて、あ、みずの流れる音がする、と微笑むような、そんな子供に育てた覚えはないけれど、「木は生きている」という題で観察日記を書いてハナマルをもらうような子供になってしまったあなたに、人間のように生きているのは人間だけだと教えてあげたいのだけれど、試食だけしてレジを通らず、上手にマネキン嬢をあしらってデパ地下をすり抜ることを世渡り上手というのなら、おなか一杯になって高速エレベーターに乗って最上階の展望台から腕が千切れるくらい手を振ってくれるあなたを見るのは幸せなことだし、実際に腕が千切れてしまったら私はうまくキャッチできるだろうか、練習不足ではないかと心配になってしまうのは、ノートいっぱいに咲いたハナマルが、鮮やかな青いペンで描かれていたからかもしれない。世の中には、センセイ、と呼ばれる人たちが大勢いて、毎日たくさんのマルやハナマルを描いて時間とインクを消費しているのだから、その中に青や黄色のハナマルが混じっていても不思議ではないのだけれど、青いハナマルは渦巻のように見えてじっと見つめているとあなたの書いた日記の文字が渦の中心に吸い込まれていきそうで、思わずノートに手を差しのべてしまいたくなるから、「もう二度と青いペンは使わないでください」と連絡ノートに黒いペンで書いておいてあげたから、今日は午後から雨、傘を忘れないで。
2012.06.30 Saturday ... comments(0) / -
#散歩
 きをみてもりをみず、というのだろうか、狭い町の中で道に迷ってしまい、どうにも家に帰ることができない。鳥の目で見れば、私は同じところをグルグル回っている愚か者にちがいない。電柱に貼られた地番には、聞きなれた町名が書かれているから、そんなに遠くまで来たわけではない。にもかかわらず、帰れない。どうしたものか。スーパーの前に店を出している屋台の焼き鳥屋で、カワを10串買い求め、道すがら噛りつきバス停の吸殻入れに串を一本ずつ投げ込む、あまり褒めらた習慣ではないがこれが私のいつもの散歩の流儀で、遍路のごとく十のバス停を巡れば家に辿り着くという寸法。それがどうしたことか今日は五つ目のバス停の前で、足の不自由な人が車から抱きかかえられて車椅子へ降ろされる場面に出くわし、緑色のジャージに包まれた下肢の、ふわりと折りたたまれた膝のあまりの軽さに目を奪われ、めまいを感じたわけでもなかったが、その先の角をいつもと反対の方向に曲がってしまい、すぐに間違いに気付いたものの、まあどうにかなるさと楽観を決め込んで歩いたのが失敗で、歩いても歩いても同じような家並みが続く路地に迷い込んでしまい、ついに帰る道を失ってしまった。




2012.06.30 Saturday ... comments(0) / -
| 1/42 | >>