まにあってよかった

RECOMMEND | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS
#スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.08.27 Wednesday ... - / -
#「詩織」
 はんなさんの「詩織」というブログで、僕の「プロポーズ。」という詩を採り上げて頂きました。

 はんなさん、ありがとうございました。

 はんなさんは、先日の東京ポエケットで販売された「文学極道」のアンソロジーを読んで、りすの詩を気に留めてくださったとのことです。思わぬところで思わぬ読者に出会う喜び、不思議です。

 「詩織」
http://hannah5.exblog.jp/
 
 
2009.07.18 Saturday ... comments(4) / trackbacks(0)
#スポンサーサイト
2014.08.27 Wednesday ... - / -
#Comment








はんなさん、こんにちは。

こちらこそ、ありがとうございます。
「プロポーズ。」以来、僕は毎日「詩織」を見ています。「一日限り」のはんなさんも拝見し、とても感動(興奮)しました。「詩織」は上品かつエキサイティングなブログですね。

 

| りす | 2009/07/20 3:52 PM |
りすさん、ありがとう。
りすさんのブログも時々覗かせていただきますね。
| はんな | 2009/07/20 2:41 PM |
枯葉さん、お越し頂き、ありがとうございます。

>前と変わったのは、ただ文字を考えるのではなく、生きた物の意思や意志を置くのが文芸なのかな。

 確かにそうだと思います。最近、有島武郎の「生まれ出づる悩み」を読んだのですが、文学的な想像力が、いかに一人の人間を迫真に描けるのか、という課題に、真正面から取り組んでいる小説だと思いました。最近は、詩も小説も”淡い”ものが多いですから、とても新鮮に感じました。古くて新しい課題が、文芸の前にはずっと存在しているのだと思います。

 枯葉さん、1978年生まれですか。若いなあ。羨ましいです。
 ところで、文学極道アンソロジーのおかげで、りすの歳がバレてしまい、「りす」なんて名乗ることが、ますます恥ずかしくなってきました。やれやれ。
| りす | 2009/07/20 11:04 AM |
おはようございますm(__)m
お誘い有難うございます♪
凄く嬉しく思い、心を弾ませて、早速来させて頂きました。

まだ全てを読ませて頂いた訳ではないのですけれど、日記からリスさんの微かを、垣間見る事が出来て光栄に思います。

その微かだけでも、文字を活かす事が出来る丁寧な方なのだな、と感じられました。と同時に、体調のご加減が心配になりました。
雑な思念に悩まされている俺が、まだ子供の部分を引きずっているように感じ、勉強させて頂いた気持ちにもなれました。

プロポーズも拝読させて頂きました。本当に良い作品を見ると、「感動しました。」「良かったです。」さえ上手く言葉に出来なくなる未熟な俺ですので、「溜め息が出ました」が本当の所です。勿論良い意味です。有難うございました。



およそ2年と少し。浅はかながら、
「より日常会話に近い声字で、けれど自然蒸発する紫陽花の汗のように、匂い立つ詩を書きたい。」
そう思いつつも、その間は全く詩が書けず(体調や生活環境のせいもあるのですが)、ほぼ完全に詩から離れていました。

詩が理解出来ていないのは、今も続いています。詩だけではなく、小説、俳句、短歌もそうですけれど。
前と変わったのは、ただ文字を考えるのではなく、生きた物の意思や意志を置くのが文芸なのかな。そんな風にうすらと思いつつ、たまに発作的に苦しくなりながら、一文字を置いている状況です。その考えと、実際に出来た物の違いに、落胆するばかりですが;

ここを教えて頂いて、本当に有難うございました。何だかまた成長出来そうな気がします。

追伸。
俺は1978年12月生まれですので、リスさんの7つくらい歳下です。もし宜しければ、気さくに口調を崩して下さいね。

失礼しました。
| 枯葉 | 2009/07/19 12:19 PM |
#Trackback
Trackback URL: http://hakubishin.jugem.jp/trackback/322
<< NEW | TOP | OLD>>