まにあってよかった

RECOMMEND | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS
#スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.08.27 Wednesday ... - / -
#秋よ去れ

目蓋が軽くなって
開け閉めを手伝う私の
腕はひとまわり細くなった
細くなった腕は心持ち長く見え
誰にでも絡みついて採寸する
生温かい巻尺のように見えた
蓋を閉めたときに死滅する
いくつかの光の中に
私は忍び込もうとした
巻尺が告げる数字には
陰ひとつ見当たらない
光をさえぎる庇も無く
数字にはいつも隣人がいない
目蓋が軽くなるにつれて
私は楽々と衰弱する
薄く薄くスライスした
私は秋に散るという



2010.11.03 Wednesday ... comments(2) / trackbacks(0)
#スポンサーサイト
2014.08.27 Wednesday ... - / -
#Comment








お久しぶりです。

詩は、近くなったり遠くなったり、
するものなんでしょうね。

文極を見ていてもそうです。
懐かしい人が、ひょっこり、
現れたり、また消えたり。
詩へ歩み寄ったり、遠ざかったり、
まあ、詩は言葉ですから、
そう遠くまでは離れられないようです。
| りす | 2010/11/06 1:06 AM |
お久しぶりです。

言葉のずらし方が心地いいですね。
もう秋なんですね。

なんだか、詩が遠いもののように感じているこの頃です。
お体にはお気をつけて。
| m | 2010/11/04 9:53 PM |
#Trackback
Trackback URL: http://hakubishin.jugem.jp/trackback/410
<< NEW | TOP | OLD>>