まにあってよかった

RECOMMEND | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS
#スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.08.27 Wednesday ... - / -
#キリン
キリンが風船をとってくれた
失くさなくて済むものもある

2007.04.02 Monday ... comments(2) / trackbacks(0)
#スポンサーサイト
2014.08.27 Wednesday ... - / -
#Comment








こんにちは、凪リンさん。

確かに、書いた当時、自分でも物足りないような、これでいいような気持ちがしました。僕は、キリンは首が長い、という点ばかり考えてしまって、キリンの模様にまで思いが至りませんでした。西村さん(僕も知らない方ですが)の詩を読んで、僕もハッとしました。
「ぺろりん なめて みたいの」
という最後がとってもいいですね。
こういうのは、なかなか書けないなと。
良い詩を紹介してくれて、ありがとうございました。
なんか、ヒントをもらったような気がしますよ。
| りす | 2007/12/17 12:27 AM |
この作品には正直言葉が出ないです。良いか悪いかすらよくわからない。
今日ずっと仕事しながら考えてたんですが、やはりうまく言葉にならない。んー。
なんか物足りなさを感じるけれど、しばらくするとやっぱりこれでいい気がしてくる。困りました。
「キリン」といえば、りすさんは「きりん」という絵本をご存じですか? わたしはきりんと聞くとこの絵本を思いだすのですが。
連れが保育士をやっていまして、そのせいもあってか、絵本がたくさんあるんですが、その「きりん」も連れが元々持っていたものなんです。 中を見てみるときりんがなかなか出てこないんです。
しかも物語ではなく詩なんです。全部で17の詩とそれに合わせた絵があるんです。
そしてその17番目がきりんなんですね。 絵は「いもとようこ」さんで(連れはいもとさんの絵が好きでして)、詩は西村祐見子さん(ご存じでしょうか?わたしは詩人さんに詳しくないのでわかりませんでした)。
これが思いの外良かったんです。ので、二連のうちの一連を紹介してみたいと思います。

きりんの からだに
かかれた みちは
そらへと そらへと
つづく みち
しろい くもまで
とどいて
ぺろりん
なめて みたいの

わたしはきりんの模様を道としたところにはっとしました。
ブログ荒らしてしまってすみません。まずかったら削除しても構いませんので。
では、また。
| 凪リン | 2007/12/15 7:59 PM |
#Trackback
Trackback URL: http://hakubishin.jugem.jp/trackback/84
<< NEW | TOP | OLD>>